〈養沢毛鉤専用釣場〉


自然渓流を利用したフライフィッシングとテンカラ釣りの専用釣り場です。
約4kmの区間は自然環境に恵まれ、魚たちの餌になる水生昆虫がたくさん生息しています。

マッチング・ザ・ハッチのお手本のような春のメイフライから、
魚たちを狂喜させる初夏のストーンフライ、
雨の後のテレストリアルに初秋の極小ハッチまで、
シーズンを通して季節感たっぷりの釣りをお楽しみいただけます。


2014ハガキ.jpg  【ライズにときめいたら、養沢へ!】


【新着情報】

9/2:NEW!9/2のストマック情報を掲載しました。        こちらLinkIcon
9/2:NEW!ヤマメは9月いっぱいで禁漁になります。また、神谷堰堤から上流は、9月末日でクローズになります。
8/14:NEW!8/12のハッチ情報を掲載しました。        こちらLinkIcon
6/15:NEW!釣り人目線Movie6/10の釣りを掲載しました。    こちらLinkIcon
5/17:フライロッド及びリールのレンタルは、数が少ないため、当面の間、お忘れになった方と破損してしまった方に限らせていただきます。
2014年に事務所で販売しているフライはこちら。      こちらLinkIcon
2014年版養沢オリジナルカレンダー           ダウンロードはこちらLinkIcon


9月3日ウエストン.jpg

ウエストントビイロカゲロウ(♂スピナー):テール3本、体長1cmほどの小型メイフライです。養沢では8月下旬から10月上旬まで見られ、午後から夕方にかけて水面で羽化します。



フライフィッシングであそぶ

管理事務所から養沢の様子をお届けします。

ようざわ便り本日の続きはこちらLinkIcon
すべてを別ウインドウで開くこちらLinkIcon

〈釣り場よりお知らせ〉

●ヤマメの産卵保護のため、神谷堰堤より上流は9月末日でクローズになります。
 また、神谷堰堤から下流の全区間では、ヤマメは9月末日で禁漁になります。
●魚の捌き方はこちら。 捌き方LinkIcon
●フライのレンタルタックルは、数が少ないため、当面の間、お忘れになった方と
 釣りの途中で破損した方に限らせていただきます。
●魚をお持ち帰りの方に、保冷剤を販売しています。大200円、小100円です。
●タイイング用品(ツールとマテリアル)ございます。(ストーブ側のベンチ下)
 どなた様でも無料でご利用いただけます。
●釣り場区間内で食事ができる場所 こちらLinkIcon
●2014年、事務所で販売しているフライ こちらLinkIcon
バスでのご来場は武蔵五日市駅より上養沢行き本須(もとす)下車、徒歩100mです。
 西東京バス時刻表上養沢行きLinkIcon

堰堤.jpg神谷堰堤

9月18日 養沢の風景

テラス.jpg【薄日のテラス】 爽やかな日が続いて、テラスが心地よい季節になりました。コーヒーを飲んで、さあ出かけましょう!木和田平橋.jpg【木和田平橋下流】 松葉から木和田平橋の間は、良いポイントのがいくつもあるのに道路から見えません。行った人だけの特典ですね。早淵.jpg【早淵上流】 他の人が釣らないような小さな瀬にも魚がいるので、丹念に探ることで思わぬ良い思いをすることがあります。
木和田平秋桜.jpg【秋桜】 木和田平駐車場入り口の秋桜が一段と咲きました。周辺には秋桜がたくさんあります。ライズ.jpg【ポンプ小屋のライズ】 渕尻でヤマメが何匹もライズしていました。ゆっくりと口だけ出すようなフォームなので、小さい物を食べているようです。ポンプ小屋上流.jpg【ポンプ小屋上流より】 道端のキバナコスモス、その下には彼岸花の群生があります。花なんかどうでもいい、なんて言わないで風情も楽しみましょう。
鏡沢下流.jpg【鏡沢下流】 この日は上流域にも多くの釣り人がいました。ヤマメが産卵を控えて活性が上がっているんですね。祠.jpg【小さな祠】 赤保谷にある小さな祠は大木に囲まれて神秘的です。ここは11月下旬になると紅葉が見事です。ヒガンバナ.jpg【彼岸花】 遠藤前の川原にぽつんと咲いていました。緑の中に赤が目立ちます。

bk2_top.gif

bk2_prev.gif

|1|

bk2_next.gif