養沢毛鉤専用釣場

フライフィッシングとテンカラの専用釣り場です。
自然豊かな4kmの区間は、魚たちの餌になる水生昆虫がたくさん生息しています。
マッチング・ザ・ハッチのお手本のような春のメイフライ、
初夏のストーンフライから、初秋の極小ハッチまで、
季節感たっぷりの釣りをお楽しみいただけます。

・・   2016年オープン案内ハガキ



【新着情報】

 
7/1:NEW!釣り場区間内に子供会プールが設定されました。      こちらLinkIcon   
6/30:NEW!釣り場内での怪我や事故防止にご協力ください。      こちらLinkIcon
5/29:感謝デーは、多くのお客様にご来場いただき、無事終了いたしました。
3/29:タイング用品の準備ができました。ご利用の際はスタッフに一声おかけください。
1/30:2016年の販売フライ。  こちらLinkIcon
1/23今シーズンよりレンタルタックルは廃止になりました。    こちらLinkIcon
12/7:2016年のカレンダーを作りました。 
     ダウンロードは こちらLinkIcon

ミドリタニガワカゲロウ(♀スピナー):体調1cmほど、養沢では6月頃から10月頃まで自販機や街灯の下に止まっているのを良く見ます。水底で羽化後、ダンの状態で浮上するので、イマージャーやウェットも効きます。



フライフィッシングであそぶ

管理事務所から養沢の様子をお届けします。

 

ようざわ便り本日の続きはこちらLinkIcon
すべてを別ウインドウで開くこちらLinkIcon

〈釣り場よりお知らせ〉

 

●子供会プールのお知らせ
 7月1日より8月31日まで、例年通り釣り場区間内に子供会プールが設定されます。
 場所は、④西野橋・⑫早淵・⑰ポンプ小屋・㉔石舟です。
 この場所では、地元の子どもたちが水遊びをしますので、近くで釣りをされる場合は、
 キャスティング等に十分ご注意ください。
 基本的に子供会プールには放流しません。
 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
販売中のフライは、バーブレスフックを使用したタイプと、バーブを潰したタイプがあります。
 バーブを潰したタイプもバーブレスとして使用には問題ありません。
●2016年シーズンより、フライ・テンカラタックルのレンタルはありません。
●タイイング用品は、無料でご利用いただけます。ご利用の際はスタッフに一声おかけください。
●魚の捌き方はこちら。 捌き方LinkIcon
●魚をお持ち帰りの方に、保冷剤を販売しています。大200円、小100円です。
●釣り場区間内で食事ができる場所 こちらLinkIcon
●バスでのご来場は、武蔵五日市駅より上養沢行き本須(もとす)下車、徒歩100mです。
 西東京バス時刻表 上養沢行きLinkIcon

7月16日の養沢

【下弁天】 ずっつ続いていた渇水がようやく解消されました。岸際の白っぽくなった分だけ水が増えました。

【下養沢橋下】 増水で小橋は上げられ、対岸に渉れません。ここから上流はウェーディングの装備が必要です。

【上弁天】 水が増えて良いポイントになりました。下流側のライズ狙いは小さめのフライで、上流側はスタンダードサイズですね。

【合歓の花】 下養沢橋の下流側で咲き始めました。橋から見るとちょうど目の高さです。淡いピンクの可憐な花です。

【上弁天】 上弁天から阪東橋に続く流れです。途中水に入らないと通れない場所があるのでウェーディングの装備が必要です。

【旧道から覗いた流れ】 上弁天と坂東橋の間は、旧道から覗くことができます。誰も入っていなかったら、下弁天から入ることをお勧めします。

【坂東橋下流】 下流を眺めた様子で、ずっと先に見えるのが下養沢橋です。緑のトンネルが涼しそうでしょう。

【阪東橋】 この辺りは両側が切り立っているので、道路からは隔離された感があります。夏は涼しいポイントですね。

【白泡】 水が多いと魚は流されまいと底にへばり付きます。ドライフライでは狙い難くなりますが、こんな白泡の下や脇にも隠れています。

【坂東橋下流】 ザーザーと瀬音が響き渡り、渓流釣りの雰囲気満点です。水が増えると川は生き生きと見えますね。

【西野橋】 川から見上げる西野橋はレトロ感たっぷりでなかなかいい雰囲気でしょう。このアングルは釣り人の特権ですね。

【西野橋上流】 大岩がゴロゴロの複雑な流れは、水が増えたおかげでどこも良いポイントに見えます。

〈釣り場での服装と装備について〉

●苔で滑って転倒する事故が増えています。
 水中の苔は、ヌルヌルと滑り、地上用の靴や長靴では危険です。
 思わぬ怪我に繋がりますので、フェルト底や水中用ラバー底をご使用ください。 
●皮膚の露出は最小限にしましょう。
 釣り場区間内には、刺のあるイラクサや毒のあるウルシなどの植物が自生しています。
 また、刺されるとやっかいなヌカカやブユ、毒のある毛虫なども生息していますので、
 なるべく皮膚の露出は控え、長袖、長ズボンでの入場をお勧めします。
●足もとの装備はしっかりと。
 夏になると、ショートパンツ、サンダル等の軽装で釣りをしている方を見かけますが、
 事務所周辺以外では蛇などの危険もあります。
 ウェーダーを着用しない場合は、ゲーターなどで保護し、ウェーディングシューズを
 履かれることをお勧めします。
●スズメバチ対策。
 日本中どこにでもいるスズメバチは、釣り場区間内にも生息しています。
 出会ってしまったら、絶対に手で払わず、じっと身を屈めて去るのを待ってください。
 黒い頭髪をめがけて攻撃してくるので、白っぽい帽子で頭を保護することも有効です。 
●帽子と偏光グラスは必携です。
 飛んでくるフライから顔と目を守るため、帽子と偏光グラスは必携です。
 
安全な服装と装備で、養沢をお楽しみください!




日焼け止め、虫除けは事務所で販売しています。

|1|