養沢毛鉤専用釣場

フライフィッシングとテンカラの専用釣り場です。
自然豊かな4kmの区間は、魚たちの餌になる水生昆虫がたくさん生息しています。
マッチング・ザ・ハッチのお手本のような春のメイフライ、
初夏のストーンフライから、初秋の極小ハッチまで、
季節感たっぷりの釣りをお楽しみいただけます。

・・   2016年オープン案内ハガキ



【新着情報】

 
5/29:NEW!感謝デーは、多くのお客様にご来場いただき、無事終了いたしました。
3/29:タイング用品の準備ができました。ご利用の際はスタッフに一声おかけください。
2/5:フィールドマップを更新しました。 こちらLinkIcon
1/30:2016年の販売フライ。  こちらLinkIcon
1/23今シーズンよりレンタルタックルは廃止になりました。    こちらLinkIcon
12/7:2016年のカレンダーを作りました。 
     ダウンロードは こちらLinkIcon

ヒゲナガカワトビケラ:養沢では、3月下旬からポツポツハッチを始め5月〜6月にピークを迎えます。フラッタリング、スキッタリング、ダイビングなど独特の動きをするので、フライをどう操作するかが決め手になります。全長は3cm近くあります。



フライフィッシングであそぶ

管理事務所から養沢の様子をお届けします。

 

ようざわ便り本日の続きはこちらLinkIcon
すべてを別ウインドウで開くこちらLinkIcon

〈釣り場よりお知らせ〉

 

●販売中のフライ、バーブレスについて。
 事務所で販売中のフライは、バーブレスフックを使用したタイプと、バーブを潰したタイプがあります。
 バーブを潰したタイプもバーブレスとして使用には問題ありません。
●2016年シーズンより、フライ・テンカラタックルのレンタルはありません。
 ロッドやリールなどお忘れにならないようにお願いいたします。
●タイイング用品(ツールとマテリアル)は、無料でご利用いただけますが、
 ご利用の際はスタッフに一声おかけください。
●2016年、事務所で販売するフライ こちらLinkIcon
●魚の捌き方はこちら。 捌き方LinkIcon
●魚をお持ち帰りの方に、保冷剤を販売しています。大200円、小100円です。
●釣り場区間内で食事ができる場所 こちらLinkIcon
●バスでのご来場は、武蔵五日市駅より上養沢行き本須(もとす)下車、徒歩100mです。
 西東京バス時刻表 上養沢行きLinkIcon

6月12日の養沢

【釣り人のアングル】 釣り人が見る木和田平橋です。橋の下の日陰は、これからの季節良いポイントになります。

【鷺】 区間内に生息する鷺が今年は特に増えたようで、被害が拡大しています。最近は釣り人に慣れて直前まで逃げません。

【西平】 神社下から神谷堰堤にかけての木陰は、夏の人気スポットです。梅雨が明けたら涼しい木陰、いかがですか。

【堰堤上】 堰堤上へのアプローチは、西平から坂を上り、カーブを曲がったところに最初の降り口があります。

【製材所裏】 製材所裏のプールは両岸に枝が被り釣りにくいポイントです。こういうポイントは経験がものを言いますね。

【製材所のカーブ】 製材所の上流側にある石垣は、良く大物が潜んでいるポイントです。釣りにくいのが難点ですね。

【製材所上の瀬】 不用意に歩くと足下からヤマメが走ります。慎重にロングキャストで狙ってみてください。

【鏡沢下流】 涼しい橋下の日陰は、夏の良いポイントです。ただし、浅いのでもう少し水が増えてくれないと厳しいです。

【高橋の降り口】 高橋上流にある川への降り口です。アプローチしやすい割に釣り人があまり入らないのは、西平駐車場から遠いからでしょうか。

|1|