ストマック情報TOP月ごとの比較/2020年3月4月5月6月7月8月9月※画像をクリックすると拡大します。
・・・・年ごとの比較/2020年3月'17年3月'14年3月'12年3月'11年3月'09年3月'07年3月'06年3月'05年3月'04年3月'03年3月

2020年 3月3日(火) 採取場所:⑮栗の木 ⑯遠藤前

天候/晴れ  川の気温/3℃  風/微風  水量/やや少なめ  濁り/なし  水温/7℃〜8℃  

午後2時頃から、栗の木と遠藤前で採取しました。
極小のユスリカに混じってトビイロカゲロウがぽつぽつハッチを始めたものの、魚の活性は低かったです。
かろうじてヤマメのライズがありましたが、魚はシビアでした。

【ニジマス1】⑮栗の木 トゲトビイロカゲロウ・ダン(抜け殻をひきずっていました)/他大量の植物片

【ヤマメ1】⑯遠藤前 ユスリカ・ピューパ・アダルトのみ

【ヤマメ2】⑯遠藤前 ユスリカ・ピューパ・アダルト/クロカワゲラ・アダルト/他消化された残骸

【ヤマメ3】⑯遠藤前 ユスリカ・ラーバ・ピューパ・アダルト/クロカワゲラ・アダルト/他消化された残骸

2020年 3月10日(火) 採取場所:②下弁天

天候/雨  川の気温/9℃  風/微風  水量/やや少なめ  濁り/なし  水温/9℃ 

雨の中、午後から下弁天だけで採取しました。
ハッチはユスリカのみで、ニジマスは底にベッタリに張り付いていました。
水面に反応するのはヤマメのみで、厳しかったです。

【ヤマメ1】②下弁天 マエグロヒメフタオカゲロウ・ニンフ(抜け殻)/ナミヒラタカゲロウ・ダン/ユスリカあ・ピューパ・アダルト/他消化されて判別不能なもの

【ヤマメ2】②下弁天 クロカワゲラ・アダルト/ユスリカ・ピューパ/不明カゲロウ・ダン/トゲトビイロカゲロウ・ニンフ/他消化されて判別不能なもの

【ヤマメ2の魚】②下弁天 口が出るか出ないかのライズを繰り返していたヤマメは、アブラビレがカットされた標識魚でした。

【ヤマメ3】②下弁天(上弁天) ユスリカ・ラーバ・ピューパ・アダルト/トゲトビイロカゲロウ・ニンフ/他消化された残骸

2020年 3月20日(金) 採取場所:②下弁天〜③坂東橋 ⑭神谷橋

天候/晴れ  川の気温/13℃  風/弱風  水量/やや少なめ  濁り/なし  水温/10℃ 

午前中に下流部、2時過ぎから神谷橋で採取しました。
トビイロカゲロウやナミヒラタのスピナーフォールが増え、オナシカワゲラもハッチを始めました。
ハッチは例年より少ないですが、春らしい気配に満ちていました。

【ヤマメ1】②下弁天 ユスリカ・ピューパ・アダルト/他消化されて判別不能なもの

【ニジマス1】③坂東橋 ユスリカ・ピューパ・アダルト/他は消化されて判別不能

【ヤマメ2】③坂東橋 ユスリカ・ラーバ・アダルト/他消化された残骸

【ニジマス2】⑭神谷橋 ユスリカ・ピューパ・アダルトで満たされていました

2020年 3月31日(火) 採取場所:②下弁天

天候/雨  川の気温/8℃  風/なし  水量/平水  濁り/なし  水温/8℃ 

お昼過ぎから下弁天で採取しました。
雨で気温も水温も上がらず、目立つハッチはユスリカのみ。シビアなライズの連続はほぼユスリカ中心でした。

【ヤマメ1】②下弁天 ユスリカ・ピューパ・アダルト/オナシカワゲラ・アダルト/コカゲロウのニンフらしきもの/他消化された残骸

【ヤマメ2】②下弁天 ユスリカ・ピューパ・アダルト/オナシカワゲラ・ニンフ/コカゲロウ・ニンフ/他消化された残骸と苔片

【ニジマス1】②下弁天 ユスリカ・ラーバ・ピューパ・アダルト/不明カゲロウ・ダン/ガガンボ・ピューパ/他消化された残骸と植物片

【ヤマメ3】②下弁天 ユスリカ・ピューパ・アダルト/コカゲロウらしきダン/他消化された残骸

|1|