ハッチ&流下情報TOP月ごとの比較/2021年3月4月5月6月7月

・・・・・・・・・・年ごとの比較/2021年4月'20年4月'15年4月'14年4月'13年4月’12年4月・・・・※画像をクリックすると拡大します。

2021年 4月5日(月) 採取場所:①事務所下

12:00頃のコンディション:天候/小雨 川の気温/8℃ 風/なし 水量/平水 濁り/なし 水温/11℃  

小雨のせいでハッチは少なめでした。小型のカワゲラがポツポツ飛んでいるだけでカゲロウは捕まえられませんでした。
トビケラは川岸の葉に止まっていました。

【オナシカワゲラ】アダルト 事務所下12:10 全長1センチほどの小さなカワゲラです。メイフライほど目立ちませんが養沢ではたくさんハッチします。

【ミジカオクロカワゲラ】アダルト 事務所下12:15 オナシカワゲラより小さく頭と胸の色形が違います。養沢では2月頃から見られます。

【ホソカワゲラ】アダルト 事務所下12:25 全長7〜8ミリの小さなカワゲラです。名前の通り全体が細く他のカワゲラと見分けられます。

【コカクツツトビケラ】アダルト 事務所下12:35 全長7〜8ミリの小さなカディス。アンテナの根元に毛が生えています。

2021年 4月19日(月) 採取場所:12 神谷橋周辺

12:00頃のコンディション:天候/晴れ 川の気温/13℃ 風/なし 水量/平水 濁り/なし 水温/12℃  

トビケラ(カディス)や小型のカワゲラ(ストーンフライ)が一斉にハッチを始め、ヒラタやナミトビイロなどのメイフライが飛び交っていました。
今年は少し季節が早いので、そろそろモンカゲロウのハッチが見られるかもしれません。

【トランスクィラナガレトビケラ】アダルト 神谷橋下流11:15 全長1センチ強、翅は模様がなく艶があります。養沢では4月中旬から6月頃に見られます。

【コカゲロウ】♀スピナー 神谷橋下流11:20 体長8ミリほど、テール2本の小さなカゲロウは、養沢にたくさんいるシロハラコカゲロウのようです。

【タニヒラタカゲロウ】♂スピナー 体長15ミリ、前翅の根元に小さな斑紋があり、エルモンヒラタカゲロウに似ています。

【ホソカワゲラ】アダルト 神谷橋下流11:25 全長8ミリほどのごく小さなカワゲラです。よく見ないと見落としてしまいます。

【不明トビケラ】アダルト 神谷橋下流12:30 全長1センチほど、写真がボケてしまって判別不能です。ヒラタコエグリトビケラかもしれません。

【ナミトビイロカゲロウ】♀ダン 神谷橋下流12:30 テール3本、細長い褐色のボディが特徴です。養沢では4月下旬から7月下旬までたくさん見られます。

【ガガンボ】アダルト 神谷橋下流12:30 全長15ミリほど。翅の模様からマダラヒメガガンボでしょうか。水際の草にたくさん群れていました。

【オドリバエ】アダルト 神谷橋12:45 全長6〜7ミリ 高速で飛び回るため釣り人が目にする機会は少ないですが、魚にはたくさん食べられています。

【ウエノヒラタカゲロウ】♂ダン 神谷橋13:00 体長13ミリほど、テール2本、前翅の斑紋と黄色味がかったボディの線紋が特徴です。

【セスジミドリカワゲラ】アダルト 神谷橋13:15 全長1センチほどの小さなカワゲラです。帽子をかぶったような頭と胸の斑紋が特徴的です。

【ミドリカワゲラ】アダルト 神谷橋13:20 全長1センチほど、ミドリカワゲラだと思いますが詳細は不明です。頭と胸の模様が特徴的です。

【トランスクィラナガレトビケラ】アダルト 神谷橋13:30 全長1センチ強、別の種類と思って撮りましたがよく見るとトランスクィラでした。

2021年 4月28日(水) 採取場所:2下弁天・12 神谷橋周辺

12:00頃のコンディション:天候/晴れ 川の気温/15℃ 風/弱風 水量/平水 濁り/なし 水温/12℃  

下弁天と神谷橋周辺で採取しました。
台風の影響で数が減っていたフタオカゲロウが、今年はたくさんハッチしていました。小さなカワゲラが多いのも今年の特徴です。

【ヒメフタオカゲロウ】♂ダン、下弁天12:45 体長13ミリほど、テール2本、翅のメッシュ模様が特徴的です。岸によじ登って羽化します。

【ヒメフタオカゲロウ】♀ダン 下弁天12:50 こちらはメスです。オスに比べて眼が小さくボディがやや太めです。

【ナミフタオカゲロウ】♀ダン 下弁天13:00 体長2センチもある大型のメイフライです。テール2本、翅に模様はありません。

【ミドリカワゲラ?】アダルト 下弁天13:10 全長7〜8ミリのごく小さなカワゲラです。ミドリカワゲラだと思いますが詳細は不明です。

【ガガンボ】アダルト 下弁天13:00 全長15ミリほど。茶色の翅に黒の斑紋があります。マダラヒメガガンボでしょうか。岸際にたくさん群れていました。

【ウエノヒラタカゲロウ】♂ダン 神谷橋13:40 体長13ミリほど、テール2本、エルモンヒラタに似ていますが翅の根元の模様が微妙に違います。

【不明カゲロウ】♂ダン 神谷橋13:45 体長7ミリほど テールが取れてしまって判別できません。後翅の大きさ、眼の形からナミトビイロカゲロウかもしれません。 

【ホソカワゲラ】アダルト 神谷橋14:00 全長7ミリほど、見落としてしまいそうな小ささです。この種類は詳しくわかりませんが、養沢に何種類かいるようです。

【オナシカワゲラ】アダルト 神谷橋14:00 全長1センチほど、テールが短くて無いように見えます。養沢には大きさや翅の模様が違うタイプが何種類かいます。

【シミズミドリカワゲラ】アダルト 神谷橋14:10 全長7〜8ミリ、頭と胸に特徴があります。養沢にはミドリカワゲラが何種類もいて5〜6月にたくさんハッチします。

【オドリバエ】アダルト 神谷橋14:20 全長7〜8ミリ、水面近くを高速で飛び回っています。魚には案外食べれらていて夏にかけて外せない虫です。

【セスジミドリカワゲラ】アダルト 神谷橋14:30 全長1センチほど、胸の模様に特徴があり、中央に黄色い線が入っています。全身ほぼ薄黄色で飛んでいると目立ちます。

|1|2|3|4|