ハッチ&流下情報TOP月ごとの比較/2020年3月4月5月6月7月8月9月

・・・・・・・・・・年ごとの比較/2020年4月'15年4月'14年4月'13年4月’12年4月・・・・・・※画像をクリックすると拡大します。

2020年 4月3日(金) 採取場所:⑭神谷橋周辺

12:00頃のコンディション:天候/晴れ 川の気温/11℃ 風/微風 水量/平水 濁り/なし 水温/10℃  

晴天で気温も水温も上がり、ハッチも多くなりました。オナシカワゲラのハッチが増え、オオクママダラもハッチを始めました。

【オオクママダラカゲロウ】♀スピナー 神谷橋13:00 体長12〜13ミリ、テール3本、翅の前縁が茶褐色です。ずんぐりボディが特徴で、毎年桜の時季にハッチします。

【オナシカワゲラ】アダルト 神谷橋13:30 養沢では4月〜5月にかけて何種類かハッチします。名前の通りテールがごく短く無いように見えます。岸際の石によじ登って羽化します。

【ヒメヒラタカゲロウ】♂スピナー 神谷橋14:00 体長約1センチ、テール2本、スピナーの翅は透明です。養沢では例年4月上旬頃から姿が見え始め、秋までだらだらとハッチします。

【マエグロヒメフタオカゲロウ】♀スピナー 神谷橋14:00 体長約12ミリ、ダンからスピナーになると翅の透明度が増します。例年3月下旬に相当数が見られますが、今年は数が少ないようです。

【ナミヒラタカゲロウ】♀スピナー 神谷橋13:50 体長15ミリほど、テール2本、平たい眼がメスの特徴です。スピナーはダンのときの翅の模様はなくなります。

【ナミヒラタカゲロウ】♂スピナー 神谷橋13:00 テールが1本取れています。体長約15ミリ、オスのスピナーは長い前脚と長いテールが特徴です。養沢では3月上旬から4月中旬まで見られます。

【ヤマトビケラ?】アダルト 神谷橋13:20 頭から翅の後端までの全長が7〜8ミリの小型カディスです。 養沢では3月中旬頃から秋まで見られます。

【ヒラタコエグリトビケラ】アダルト 神谷橋13:30 全長1センチほど、翅に模様はありません。水面近くを飛んでいました。

2020年 4月28日(火) 採取場所:⑭神谷橋周辺

12:00頃のコンディション:天候/曇り 川の気温/13℃ 風/微風 水量/やや多め 濁り/なし 水温/12℃  

春の集中ハッチが一段落しました。これから5月上旬にかけてモンカゲロウやヒラタカゲロウ、カワゲラ類など大型のハッチが続きます。

【ナミトビイロカゲロウ】♀スピナー 神谷橋13:00 体長8ミリほどのスリムなカゲロウです。3本のテールは取れてしまっています。例年養沢では5月頃からハッチしますが今年は少し早いです。

【ヒメフタオカゲロウ】♀ダン 神谷橋13:00 体長12〜13ミリで翅の模様が特徴的です。3月にハッチするマエグロヒメフタオに似ていますが、翅の模様と体色が違います。養沢では4月〜5月にハッチします。

【セスジミドリカワゲラ】アダルト 神谷橋13:10 体長10ミリほどの小さなカワゲラです。背中の模様が特徴的で、養沢では4月中順から6月上旬にかけてハッチします。

【コカゲロウ】♂ダン 神谷橋13:10 体長6〜7ミリの小さなカゲロウです。テール2本、後翅が極小さくオスのターバン眼が特徴的です。サイズと色味からするとヨシノコカゲロウでしょうか。

|1|2|3|