簡単な魚の捌き方

●釣ったニジマスやヤマメを食べたいけど捌き方が分からない、という方のために、自宅でできる簡単な捌き方をまとめました。


①流し台に捌く魚を出して状態をチェックします。
まだ動く場合は包丁の背で頭を叩いて気絶させます。
また、釣ってから時間が経った魚は傷み具合もチェックしてください。


②右利きの人なら左手でお腹を上にして持ち、
滑らないように、親指をえら蓋に押しつけます。
(矢印の肛門から割きます)


③包丁の刃を肛門に突き刺し、頭に向かって少しずつ割いていきます。
皮だけ切れれば良いので刃を深く入れすぎないように注意してください。


④エラの切れ込みの手前まで割きます。
エラを一緒に取るために必ず切れ込みの手前1cm弱を残してください。


※エラを取らない場合は、ここで内臓を取り出します。
内臓を取ったら →⑫に進んでください。


⑤喉にあるΛ形の膜状の部分に刃先を突き刺します。
(指に刺さないように注意してください)


⑥角度を変えてみるとこんな感じです。


⑦刃先を起こして反対側に貫通させ、矢印の方向に切ります。


⑧喉の部分が切れました。


⑨切った喉の部分に人差し指を入れ、エラを掴むように矢印方向に引きちぎります。


⑩そのまま引くと内臓がすべて取れます。


⑪エラ、胸びれ、内臓がすべて取れました。
胸びれが残ってしまった場合は、指で引きちぎれます。


⑫血合い(背骨に沿った黒い部分)を爪でしごいて取ります。


⑬血合いのカスを良く洗い流します。


⑭ウロコが気になる方は包丁の刃を立てて削ぎ落としてください。これで完成です。
少量の塩を振って少し寝かせるも良し、一夜干しも美味です。


|1|2|3|4|5|6|