フィールドガイド

画像をクリックすると拡大します。

ルールとマナー


ルール(必ずお守りください)


1、釣法はフライフィッシング、テンカラ釣りに限ります。
   フライフィッシングはフライラインを使用し、シングルハンドロッドに限ります。
   テンカラ釣りは、仕掛けの長さが竿の全長よりも長いものに限ります。
   (竿の長さより短い仕掛けを使った通称「チョウチン釣り」は禁止になりました)

2、フィールドにお持ち込みできるロッド(竿)は1本、1つの仕掛けにつけられる
   フライ(毛鉤)は1本です。枝ばり、ドロッパーの使用は禁止です。


3、ルアー、餌、ワーム、ソフトベイト、集魚材、カラバリの使用は禁止です。


4、バッジは見えるところにお付けいただき、お帰りの際管理事務所にご返却ください。


5、お持ち帰りいただける尾数は、ニジマス・ヤマメ合わせて
   1日券で10匹まで、午後券で5匹までとさせていただきます。


6、危険防止のため、必ずバーブレスフック(カエシのないスレ針)をご使用ください。
   バーブ(カエシ)付きの場合はバーブ(カエシ)をペンチで潰してください。
   ペンチは管理事務所に用意してございます。


7、キャスティングの際は必ず周囲を確認して危険防止に努めてください。

8、犬やペットを連れて入渓(川に入ること)はできません。
・ ・ 
9、管理事務所下の堰堤より下流、支流の宝沢、鏡沢、御岳沢、大岳沢は
   釣場区間外となり、別途秋川漁協の遊漁券が必要になります。
・ 
10、道路は、バスも通りますので駐車場以外への駐車はおやめください。
・ 
・ 

マナー(気持ち良い釣り場のためにご協力をお願いします)

1、タバコの吸い殻、不要になった釣り糸、ゴミなどは釣場に捨てずに、お持ち帰り
   ください。


2、後からくる釣り人のために、なるべく水に入らないようにお願いします。



   しょう。


4、ポイントの移動は下流から上流への釣り上がりが基本です。


5、持ち帰らない魚は、ダメージを与えないようにリリースしましょう。
   川原にズリ上げる、乾いた素手で掴む、タオルやネット越しに掴む、投げ込むなど、
   魚体を傷めることは避けてください。


6、釣り人の後ろを通るときは、自分が釣られないように声をかけましょう。


、お持ち帰りになる魚は川では捌かないようにお願いします。
   管理事務所に専用の洗い場がございますので、こちらをご利用ください。


※当釣場は管理釣場のため、一般渓流より多くのお客様が入渓されます。魚はどのポイント
 にもまんべんなく放流してあり、他の釣り人より先行しないと釣れないということはあり
 ませんので、一般渓流のように先行者優先にとらわれず、追い越すときは声をかけ、後か
 ら来る人のためになるべく水に入らないことなどを心がけて、譲り合って楽しくお過ごし
 ください。





フライフィッシングのタックル
テンカラ釣りの仕掛け
バーブ付きフックは(カエシ付き針)はご使用になれません。バーブ(カエシ)をペンチで潰してからご使用ください。
必ずバーブレスフック(カエシのないスレ針)をご使用ください。


追い越すときは一声かけて!

対象魚

画像をクリックすると拡大します。

放流されたヤマメ放流されたニジマス定期的にニジマスとヤマメを放流しているほか、養沢で生まれ育ったニジマス、ヤマメ、ブラウン、イワナ、ブルックも棲息しています。
また元々養沢川に棲息していたウグイ、アブラハヤ、カジカなどもたくさん棲息しています。

放流魚
放流するニジマスとヤマメは、20cm〜25cmを主体にヒレや魚体がきれいなものを選んでいます。

養沢生まれの魚たち

ニジマス
養沢生まれのニジマス12cmほどのニジマスの稚魚養沢ではニジマスは秋から春までだらだらと産卵しています。
ニジマスの稚魚は、ヤマメと同様に体側にパーマークが並んでいるのでヤマメと見分けにくいですが、ヤマメより頭が丸く、口が小さく、背びれや尾びれに黒点があることなどが特徴です。
稚魚の数は、ブラウンやヤマメに比べると少ないので、もし釣れたら優しくリリースをお願いします。




ヤマメ
養沢生まれのヤマメヤマメの稚魚毎年9月下旬から11月にかけて多くの産卵床が見られます。ヤマメは鮭と同じように産卵するとほとんど死んでしまうので、12月に入ると流れにヤマメの親魚はあまり見られなくなります。
稚魚は夏の終わりから秋になると10cmほどに成長し、ドライフライに良く反応します。「飛び魚」にならないように、小さなチョボ!は見逃してあげてください。
大きくなるときれいな放流魚と見分けにくくなりますが、養沢生まれはヒレの先端がピッ!と尖っています。




ブラウン
25cmほどに育ったブラウンブラウンの稚魚定着性が強いブラウンは過去に何度か放流されたものが再生産しています。稚魚の数は年によって差がありますが、15cmほどのサイズが1日に何匹か釣れることもあるので、養沢生まれとしてはヤマメの次に定着しているようです。右のサイズは25cmほどで、40cmを超える大物も時々釣れています。ブラウンの名の通り全体的に茶系です。





イワナ・ブルック
宝沢下流で釣れたイワナイワナの稚魚イワナとブルックは過去に放流していたことがあるものの現在は放流していません。たまに放流に混ざったと思われるものが釣れる以外は、養沢で生まれたものはニジマスよりも数が少なく、見かけることは稀です。
ブルックも過去には稚魚がたくさんいた時期もありましたが、現在は数が少なくなりました。

・・・・・・・・かじか

シーズン中の主なハッチ

釣場区間内には多くの魚が放流されているので、水生昆虫のハッチなど意識しなくても
魚は十分に釣れます。でも、水生昆虫がたくさんいる養沢では、少し意識してみること
で楽しみが広がるかもしれません。
シーズン中の主なハッチはこんな感じだと思いますが、まだまだ知らない虫もたくさん
いるし、シーズンオフにハッチしているメイフライもいます。
釣りの合間にちょっと周囲に目を配ってみませんか。


3月
ユスリカ・ナミヒラタカゲロウ・タニヒラタカゲロウ・マエグロヒメフタオカゲロウ
クロツツトビケラ・コカゲロウ類・トゲトビイロカゲロウ・ヤマトビケラ
クロカワゲラ・ガガンボ類など

4月
クロツツトビケラ・トゲトビイロカゲロウ・オオクママダラカゲロウ・コカゲロウ類
オナシカワゲラ・ユスリカ・ガガンボ類・など

5月
モンカゲロウ・エルモンヒラタカゲロウ・オオマダラカゲロウ・ナミフタオカゲロウ
ユスリカ・カワゲラ類・ガガンボ・ヒラタコエグリトビケラ・ナガレトビケラ類
オドリバエなど

6月
アカマダラカゲロウ・ヒメカゲロウ・ヒメタニガワカゲロウ・シロタニガワカゲロウ
コカゲロウ類・ヒゲナガカワトビケラ・カワゲラ類・ユスリカ・ガガンボ
オドリバエなど

7月
フタスジモンカゲロウ・ナミトビイロカゲロウ・コカゲロウ類・コカクツツトビケラ
ユスリカ・ヒゲナガカワトビケラ・カワゲラ類・ガガンボ類など

8月
フタスジモンカゲロウ・ヨシノマダラカゲロウ・コカゲロウ類・カワゲラ類
ガガンボ・オドリバエなど

9月
チラカゲロウ・ミドリタニガワカゲロウ・ウエノヒラタカゲロウ・ヤマトビケラ
ガガンボ・カクツツトビケラ・オドリバエなど

10月
エルモンヒラタカゲロウ・ヒメタニガワカゲロウ・コカゲロウ類・ガガンボ
ユスリカ・オドリバエなど

ストマック情報も合わせてご覧ください。     LinkIconストマック情報


3月下旬 トゲトビイロカゲロウ・スピナー
5月 エルモンヒラタカゲロウ・ダン
7月 フタスジモンカゲロウ・ダン
9月 ミドリタニガワカゲロウ・ダン

|1|2|3|4|5|