養沢毛鉤専用釣場は、約4kmの自然渓流を利用したフライフィッシングとテンカラ釣りの専用エリアです。



〈新着情報〉

11/1:NEW!通常営業は10月末日で終了いたしました。
11月6日より12月5日まで一部区間において曜日を限定した延長営業を行っています。こちらLinkIconをご覧ください。












 
 ようざわ便り 表示されない場合はこちらLinkIcon(別サイトに移動します)
 

〈延長営業のご案内〉

【延長営業を行っています】
  営業期間:11月6日(土)より12月5日(日)まで
  営業曜日:水・木・金・土・日(月・火は休業)
  営業時間:午前8時から午後4時まで 
  営業区間:①事務所下から⑥海入道橋まで
  料  金:2,000円
  お持ち帰り:ニジマスのみ5匹まで
  対象魚はニジマスのみとなります。

養沢の紅葉が最盛期を迎える頃です。川面を染める紅葉を眺めながら、ゆったり釣りをお楽しみください。

11月30日の養沢

【上流側から見た事務所】事務所下の旧道が冬の日差しを浴びて気持ち良さそうです。気付けばもう12月、今年もわずかになりました。

【事務所下】この日釣り場は休業日、事務所下のプールではリラックスしたライズがありました。ユスリカのハッチでしょうか。

【海入道橋下流】限定営業はここまでです。午後になると日が陰って急に温度が下がります。お日様がありがたく感じますね。

【平和橋】すでにクローズになった中流部は、残った魚のリラックスした姿が見られます。来春まで静かな川に戻ります。

【柚子】神谷橋の袂にある柚子の木が実をつけています。緑の葉に黄色の実は、どこから見ても絵になりますね。

【神谷橋】流れを覗き込むと浅瀬にいた魚が急いで竹の下に逃げ込みました。流れに伏せた竹は鳥や獣からも魚を守ってくれます。

【西平駐車場】養沢の紅葉はもう終盤です。楓の他はほとんど葉を落とし駐車場に枯れ葉の絨毯を作りました。

【石舟】クローズんして2ヶ月経った上流部です。竹の周辺には魚影が見え巨大なブラウンの産卵床も見つかりました。

【山茶花】鮮やかな赤い花は山茶花のようです。釣り場区間内で普通に見られますが、花が咲かないと気付きません。

|1|