ハッチ&流下情報TOP月ごとの比較/2013年3月4月5月6月7月8月
・・・・・・・・・・年ごとの比較/2014年7月'13年7月’12年7月・・・・・・※画像をクリックすると拡大します。

2013年 7月2日(火)採取場所:⑭神谷橋 ⑯遠藤前

12:00頃のコンディション:天候/晴れのち曇り 川の気温/24℃ 風/微風 水量/やや多目 濁り/なし 採取場所の水温/18℃ 

メイフライのハッチは夕方に移行し、昼間飛んでいる虫は多くありません。
天候次第でテレストリアルへの依存度が上がり、イブニングのハッチも見逃せない季節です。

【フタスジモンカゲロウ】    遠藤前自販機14:30 ♂ダンです。モンカゲロウと違ってパラパラと長い期間ハッチします。養沢では9月末まで見られます。

【ナミトビイロカゲロウ】    神谷橋14:30 ♂スピナーです。体長6〜7mm、てっきりコカゲロウと思ったらテールが3本あって、目も違います。おそらくナミトビイロだと思います。

【不明トビケラ】        神谷橋14:30 全長4〜5mmの極小トビケラです。てっきり違う虫と思って撮ったのに、写真を見たら脚に刺がありました。前脚1本、真ん中と後が4本ずつあるように見えたので、クダトビケラの一種かもしれません。

【ガガンボ】          神谷橋14:30 全長1cm弱のガガンボです。とても栄養があるようには見えないので、生息数の割に食べられていないのはそんな理由があるのかもしれません。

2013年 7月5日(金)採取場所:①事務所周辺

12:00頃のコンディション:天候/曇り 川の気温/26℃ 風/微風 水量/やや多目 濁り/なし 採取場所の水温/18℃ 

夜間自販機に集まったメイフライは、日中気温が上がるとどこかに行ってしまいます。
イブニングライズの参考になさる場合は、朝のうちに自販機をチェックしておくことをお勧めします。

【フタスジモンカゲロウ】    事務所自販機10:40 ♂スピナーです。ここで段から脱皮したようで、すぐ下に抜け殻がありました。養沢で最も美しいと言われるメイフライです。

【ヒメタニガワカゲロウ】    事務所自販機10:40 ♀ダンです。体長1cm以下、背側が茶色腹側が黄色に色分けされています。テール2本、水底で脱皮してダンの状態で浮上します。

【ヒメタニガワカゲロウ】    事務所自販機10:40 こちらは♂ダンです。メスに比べて目が大きくボディがやや細いです。

【アカマダラカゲロウ】     事務所自販機10:40 ♂ダンです。テール3本で体長は7〜8mm、水面で羽化するのでフローティングニンフも効きます。

2013年 7月16日(火)採取場所:⑯遠藤前

12:00頃のコンディション:天候/曇り 川の気温/25℃ 風/微風 水量/平水 濁り/なし 採取場所の水温/20℃ 

遠藤前自販機に止まっていた虫です。
この日は曇りだったため、たくさんのアカマダラが止まっていました。

【アカマダラカゲロウ】     遠藤前自販機13:30 ♂スピナーです。体長6〜7mm、赤っぽいボディと3本テールが特徴です。自販機にはダンからの抜け殻もたくさんありました。

【アカマダラカゲロウ】     遠藤前自販機13:30 こちらは♀スピナーです。肉眼で見たときはクシゲマダラかと思いましたが、拡大したらアカマダラのようです。

【ミドリタニガワカゲロウ】   遠藤前自販機13:30 ♀スピナーです。テールが取れてボディの色が薄いので産卵後の個体だと思います。陶器のような眼が不思議です。

【ヒメタニガワカゲロウ】    車の窓14:00 ♀ダンです。気付いたら運転席側の内窓に止まっていました。遠藤前の自販機で自分の身体に止まったのかもしれません。

|1|2|3|4|5|6|7|8|