ハッチ&流下情報TOP月ごとの比較/2013年3月4月5月6月7月8月
・・・・・・・・・・年ごとの比較/2015年3月'14年3月'13年3月’12年3月・・・・・・※画像をクリックすると拡大します。

2013年 3月5日(火) 採取場所:①事務所下

12:00頃のコンディション:天候/晴れ時々曇り 川の気温/11℃ 風/時々弱風 水量/やや少 濁り/なし 水温/7℃  


昼頃のハッチはクロカワゲラ中心、2時頃からユスリカが目立つようになりました。

【クロカワゲラ】       事務所下 14:00 全長は1cmほどの小型カワゲラ。水面に浮いてしまったニンフも恰好の餌です。

【ミジカオクロカワゲラ】   事務所下 14:00 翅を含めた全長は8mmほど。くろかわげらIに比べると小振りです。

【ユスリカ・アダルト】    事務所下 14:30 全長は5mm以下、何種類かハッチしていたうちの中間サイズです。

【流下物】          事務所下 14:30 ハッチ途中のユスリカが流れていて、ネットで掬うと飛び去ってしまいました。3種のユスリカ・ピューパとコカゲロウのシャックもありました。

2013年 3月19日(火) 採取場所:②下弁天〜上弁天

12:00頃のコンディション:天候/晴れ時々曇り 川の気温/24℃ 風/時々弱風 水量/少 濁り/なし 水温/13℃  


トビイロカゲロウのスピナーフォールが始まって、川は虫だらけという感じになりました。

【トゲトビイロカゲロウ】   下弁天 11:40 ♂スピナーです。水際の低いところで群飛していました。岸際でハッチもありましたが、ダンは捕まえられませんでした。

【ナミヒラタカゲロウ】    上弁天 12:00 ♂ダンです。水底で脱皮してダンの状態で浮き上がるので水面からポツッ!という感じでハッチします。

【ナミヒラタカゲロウ】    上弁天 12:10 こちらは♂のスピナーです。翅の模様が消えて全体的に黒っぽくなりました。

【ヒラタコエグリトビケラ】  下弁天 12:20 翅の全長は約1cm、木陰にたくさんいました。

2013年 3月26日(火) 採取場所:②事務所下

12:00頃のコンディション:天候/晴れ時々曇り 川の気温/13℃ 風/微風〜弱風 水量/少 濁り/なし 水温/10℃  


コカゲロウとマエグロヒメフタオがハッチを始め、シーズン最初のピークを迎えました。

【マエグロヒメフタオカゲロウ】事務所下 13:00 ♀ダンです。岸際の岩によじ登って羽化するので、数が多い割に魚にはあまり食べられていません。

【コカゲロウ】        事務所下 13:00 ♂ダンです。体長7〜8mm、後翅が小さくターバン眼が特徴です。

【ミジカオクロカワゲラ】   事務所下13:10 全長が1cmにも満たない小型のカワゲラです。

【オナシカワゲラ】      事務所下 13:10 オナシカワゲラだけでも養沢には何種類かいます。比較的多いのがこのタイプ、翅の模様が特徴的です。

|1|2|3|4|5|6|7|8|