ハッチ&流下情報TOP月ごとの比較/2012年3月4月5月6月7月8月9月10月
・・・・・・・・・・年ごとの比較/2014年9月'13年9月’12年9月・・・・・・※画像をクリックすると拡大します。

2012年 9月4日(火)採取場所:①事務所 ⑯遠藤前
 ・
晴れ  川の気温/18℃  風/無風  水量/平水  濁り/なし  採取場所の水温/17℃  水のPH/計測せず  
 ・
自販機には前日の夕方から夜にかけてハッチしたダンがたくさんいました。
最も多かったのはヒメタニガワで、ついでコカゲロウも増えてきました。5mm〜7mmのこがたが主体です。

【ヒメタニガワカゲロウ】    事務所横自販機6:30 ♂ダン 体長が8〜9mmの美しいメイフライ。灯火に集まりやすいのか、自販機に最もたくさんいました。

【ヒメタニガワカゲロウ】    事務所横自販機6:30 こちらは♀のダンです。♂との違いはは目の大きさとボディの色、比べてみると良く分かります。

【ミドリタニガワカゲロウ】   事務所横自販機6:30 ♀ダンです。初夏からずっとダラダラハッチしています。体長1cm強、数は多くありませんが小さいメイフライの中では目立ちます。

【ミドリタニガワカゲロウ】   事務所横自販機6:30 こちらは♀スピナーです。ダン(亜成虫)が脱皮した姿です。翅が透明になってテールも長くなりました。

【フタスジモンカゲロウ】    事務所横自販機6:30 ♂スピナーです。やや小型の個体で体長は1.5cmほど。♂スピナーの前脚が長いのは交尾の時メスを捕まえるためだそうです。

【ヒメトビイロカゲロウ?】   遠藤前自販機6:50 ♀ダンです。詳しい資料がないので特定できませんがたぶんヒメトビイロだと思います。テール3本でもボディが細くマダラとは違います。

【コカゲロウ】         遠藤前自販機6:50 ♂ダンです。体長8〜9mm、たぶんシロハラコカゲロウだと思います。コカゲロウの♂は眼に特徴があります。

【コカゲロウ】         遠藤前自販機6:50 こちらは♀ダンです。これもシロハラコカゲロウだと思います。コカゲロウは後翅がないくらいに小さいのが特徴です。

【シロタニガワカゲロウ?】   遠藤前自販機6:50 ♀スピナー、卵塊を抱えています。一見ミドリタニガワかと思いましたが、脚の付け根に黒点があります。

【エラブタマダラカゲロウ】   遠藤前自販機6:50 ♀ダンです。体長は6~7mm、テール3本でずんぐりボディが特徴です。

【エルモンヒラタカゲロウ】   遠藤前自販機6:50 ♀スピナー、産卵後のようです。エルモン♀の特徴は緑色のボディですが、卵を出してしまうと体色が変わって判別しにくいです。

【アカマダラカゲロウ】     遠藤前自販機6:50 ♂ダンです。体長6~7mm、テール3本、名前の通り赤いボディが特徴です。

2012年 9月11日(火)採取場所:①事務所 ⑯遠藤前
 ・
晴れ  川の気温/18℃  風/弱風  水量/平水  濁り/なし  採取場所の水温/19℃  水のPH/計測せず  
 ・
川には虫っ気がないのに、相変わらず自販機にはメイフライがたくさんいました。
先週よりもヒメタニガワの数が少なく、代わりにコカゲロウの種類が増えました。
夕方になってもハッチしている様子は見られないので、暗くなってからがメインかもしれません。

【ミドリタニガワカゲロウ】   事務所横自販機6:40 ♂ダンです。長い期間ダラダラとハッチするので、たくさん食べられることはありませんが、水底ハッチはウェットも効きます。

【フタスジモンカゲロウ】    事務所横自販機6:40 ♀ダンです。フタスジは夜間ニンフが岸よりに泳ぎ着いてハッチします。ハッチも散発なのであまり魚に食べられていません。

【ヒメタニガワカゲロウ】    事務所横自販機6:40 ♀ダンです。ミヤマタニガワと見分けられませんが、体長が1cmちかくあるのでたぶんヒメタニガワだと思います。

【ヒメタニガワカゲロウ】    事務所横自販機6:40 ♂ダン です。タニガワカゲロウは水底で羽化して、ダンの状態で浮上します。ドライよりもイマージャーやウェットですかね。

【アカマダラカゲロウ】     事務所横自販機6:40 ♀ダンです。コカゲロウに似ていますが、テールが3本で後翅がが大きいのがコカゲロウとの違いです。

【アカマダラカゲロウ】     遠藤前自販機6:50 ♀ダンです。オスに比べると眼が小さくボディがややずんぐりしています。

【コカゲロウ1】        遠藤前自販機6:50 ♂ダンです。クリーム色のきれいなコカゲロウ、体長7mmほど、コカゲロウは種類が多く細かく分類できないのですべてコカゲロウとします。

【コカゲロウ2】        遠藤前自販機6:50 こちらも♂ダンです。1のコカゲロウより一回り小さく、胸部の色が濃いタイプです。

【コカゲロウ3】        遠藤前自販機6:50 ♂ダンのようです。大きさが4〜5mmの極小サイズ、見落としてしまうことろでした。

【コカゲロウ4】        遠藤前自販機6:50 ♀スピナーです。養沢に一番たくさんいるシロハラコカゲロウだと思います。

【コカゲロウ5】        遠藤前自販機6:50 ♀ダンです。大きさは6〜7mm, 1に近いボディカラーの♀です。

【オナガヒラタカゲロウ】    遠藤前自販機6:50 ♂ダンです。テールが長いので一見スピナーかと思いましたが、翅が不透明なダンでした。

【ミドリタニガワカゲロウ】   遠藤前自販機6:50 ♀スピナーです。産卵後のようです。スピナーは脚やテールが簡単に取れてしまいます。

【クシゲマダラカゲロウ】    遠藤前自販機6:50 ♂ダンです。体長は5〜6mmの極小マダラカゲロウ。養沢では春から初夏にかけてと夏から秋にかけてハッチします。

【エラブタマダラカゲロウ】   遠藤前自販機6:50 ♂ダンです。体長6~7mm、テール3本、ミドリがかったボディが特徴です。

【抜け殻】           遠藤前自販機6:50 ダン(亜成虫)からスピナー(成虫)に脱皮した抜け殻です。テールが3本あるのでマダラカゲロウのようです。

2012年 9月21日(金)採取場所:①事務所
 ・
曇り時々雨  川の気温/20℃  風/なし  水量/平水  濁り/なし  採取場所の水温/19℃  水のPH/計測せず  
 ・
夜間自販機の光にに集まったメイフライは、普段なら日が高くなるとどこかにいってしまいますが
この日は昼近くなってもミドリタニガワがたくさん止まっていました。
やっと水温が下がりはじめたので、いよいよ秋の本格的なハッチシーズンに突入です。

【ミドリタニガワカゲロウ】   事務所横自販機11:50 ♂ダンです。体長は1cmほど、黄緑色のボディと翅の前縁のラインが特徴的です。水底で脱皮してダンの状態で浮上します。

【ミドリタニガワカゲロウ】  11事務所横自販機6:50 こちらは♀のダンです。オスに比べて眼が平たく、ボディはずんぐり、オレンジがかっています。

【ミドリタニガワカゲロウ】   事務所横自販機11:50 ♀スピナーです。ダンが脱皮すると羽が透明でテールが長いスピナーになります。

【ヒメタニガワカゲロウ】    事務所横自販機11:50 ♂ダンです。大分数が少なくなって、ピークは過ぎた感じです。小さいのでコカゲロウと間違えやすいですが、ヒメタニガワは後翅があるのですぐにわかります。

2012年 9月25日(火)採取場所:①事務所 ⑯遠藤前
 ・
雨のち曇り  川の気温/16℃  風/なし  水量/やや多  濁り/なし  採取場所の水温/計測せず  水のPH/計測せず  
 ・
自販機に集まった虫は、明るくなるとどこかにいってしまうのですが、この日は何匹か止まっていました。
気温が下がってきたせいかもしれません。
長かった夏が終わって、これからはメイフライの第二世代がハッチを始め、シーズン最後の盛り上がりになります。

【コカゲロウ】         事務所横自販機11:50 ♂ダンです。体長は6~7mmほど、コカゲロウは後翅が極端に小さくないように見えます。

【チラカゲロウ】        事務所横自販機13:00 ♂ダン、体長が2cm弱ある大型のメイフライです。テール3本、チョコレート色のボディに白い脚が特徴的です。蜘蛛の巣に架かっていました。

【ミドリタニガワカゲロウ】   遠藤前自販機13:30 ♂ダンです。先週大量にハッチしていましたが、今週もいました。帆湯沢では夕方遅くなってからハッチしているようです。

【エラブタマダラカゲロウ】   遠藤前自販機13:30 ♂ダンです。体長6〜7mmの小さいマダラカゲロウ。コカゲロウとの一番の違いはテールが3本あります。

|1|2|3|4|5|6|7|8|